病原細菌撲滅委員会

感染症を引き起こす病原細菌を死滅させることで、様々な感染症を治療することが可能です。

hivにヘルペスは珍しくないバルトレックス処方

ヘルペスは小児でも高齢者でも感染します。ヘルペスというウィルス名を聞いたことがある人は少なくないでしょう。ヘルペスは珍しい病気ではありません。小児でも高齢者でも感染をします。そしてその感染力は強いです。また一旦感染すると無症候性である場合もあり、感染したことに気が付かない人もいます。またヘルペスウィルスは神経細胞に住み着いてしまうので、体が元気な時には、症状が全くでないものの、体力が落ちたりほかの病気になった時に症状が出るということがあります。そしてこのヘルペスには3種類があります。帯状疱疹、そして単純ヘルペス1型の口唇ヘルペス。そして単純ヘルペス2型の性器ヘルペスです。どのタイプも感染すると症状が出た場合には、バルトレックスという抗ウィルス薬を使用してウィルスの増殖を抑え、症状を和らげる治療を行います。そして症状を抑えることはできますが、ヘルペスは一生体内で上手に付き合っていかなくてはいけないのです。健康体ならば問題ないのですが、時に問題になるのはがhivに感染した時です。hivに感染すると体の免疫がだんだん下がって行きます。そうすると日和見感染を起こしやすくなってきます。その時にヘルペスを再発する人は少なくないのです。多くのhivを専門に治療するクリニックでは免疫力を低下させないように内服をコントロールしています。その内服を確実に行うために、患者は定期的にクリニックに通い検査を受け、薬の処方を受けなくてはいけません。もしだんだん免疫力が下がりヘルペスが出た場合、早くクリニックを受診することが大切です。なぜなら抗ウィルス薬であるバルトレックスは早く内服を開始するほど、症状を軽く抑えることができるからです。そしてバルトレックスを決められた期間きちんと内服することが症状を悪化させないために重要です。