病原細菌撲滅委員会

感染症を引き起こす病原細菌を死滅させることで、様々な感染症を治療することが可能です。

湿疹の出る性感染で双極性うつ病とバルトレックス治療

人に言えない悩みを抱えていたり、他人に病気をうつしてしまうことで不安障害に陥ってしまうことが考えられます。
精神病としてうつ病が有名ですが、極端に調子が良くなる時期があるときには双極性うつ病の可能性を否定できません。
双極性うつ病は、テンションの高い躁状態と、無気力になる憂鬱な時期のうつ状態を繰り返す症状があらわれます。
躁状態のときには気分が良いですので、病気である自覚が少ないことが多く、本人だけではなく周囲の人が気付いたときには医療機関で治療を受ける必要があります。
双極性うつ病などの精神疾患を発症する理由としては、性感染症にかかっている場合も考えられます。
性感染症によって他者に病気をうつしてしまうことで、不安な気持ちが高まっていることがあり、性器付近に湿疹があらわれているときには、性器ヘルペスや膣カンジダ、クラミジアなどを疑う必要があります。
ヘルペスや膣カンジダでは性器のあたりに、しこりや水ぶくれ、湿疹などが発症する可能性があり、バルトレックスなどの治療薬を用いることで改善させることができます。
バルトレックスはウイルスの増殖を抑制する作用のある医薬品ですので、ヘルペスなどの症状に対して有効です。
バルトレックスは経口薬ですので、1日2回の服用で治療することができます。
医療機関を受診することに抵抗があるときには、自宅で検査キットを受け取って郵送の方法によって、感染しているかどうか確認する方法もあります。
湿疹によるかゆみや痛みが強いときには、梅毒の可能性もありますので医療機関でペニシリンを処方してもらう必要があります。
梅毒の場合には放置しておくことで、命の危険性が生じる可能性も考えられるために早期に治療を行うことがおすすめと言えます。