病原細菌撲滅委員会

感染症を引き起こす病原細菌を死滅させることで、様々な感染症を治療することが可能です。

病原細胞と感染症とは?

ヘルペスウイルスはトイレの便座などから感染することもあります。病原細胞と感染症には深い関係があります。
たとえば性器ヘルペスの場合にもそのことが大きく関係しています。
性器ヘルペスの症状は、感染した部分に痛みを感じたり、熱いほてった感じがあります。
また小さな水疱ができて、その水泡が破れると、ただれたり潰瘍を作ったりします。
性器ヘルペスは男女ともに見られる性病ですが、特に女性の方が多くなっています。
始めて感染したときには、痛みが強かったり発熱を伴ったりしますが、再発したときにはこれらの症状はあまりなく、比較的軽いことが多いです。
一度感染してその症状が治まったとしても、病原細胞であるウイルスは完全に死滅したと言うことではありません。
このウイルスは完全に死滅させると言うことができないので、抵抗力や体力が落ちたときに再発する可能性が高くなるのです。
このウイルスが口に感染すると、ヘルペス口内炎や口唇ヘルペスとなります。
性器ヘルペスの原因となっている細菌やウイルスは、単純ヘルペスウイルスです。
このヘルペスウイルスは、1型から8型まであります。
感染経路としては、キスやオーラルセックスや性交渉ということになります。
このウイルスは感染力がとても強くなっているので、トイレの便座などから感染することもあります。
潜伏期間は4日から10日となっています。
治療方法としては、まずは泌尿器科や性病科や産婦人科で診察を受けるようにします。
ここでは抗ウイルス剤であるバラシクロビルが処方されます。
製品名としてはバルトレックスとして有名ですが、バルトレックスは効果が長く続きその効果も高くなっています。
また塗り薬よりも飲み薬の方が効果が高くなっています。
予防方法としては、性交渉の際にはコンドームを使用するようにします。

↓性病治療するなら参考に
通販でヘルペス・帯状疱疹を治療